コスメのコ

気になる、あのコスメを徹底調査

ケノン

ケノンでの脱毛後に肌はとっても敏感!必ずケアを忘れずに。

更新日:

 

ケノンを使って脱毛をして満足してしまってはいませんか?

 

ケノンを使って脱毛した後、肌はとても敏感で弱っている状態になります。
脱毛後の何気ない行動1つで肌に負担をかってしまっている場合があるので注意が必要です。

 

意外と知られていない脱毛後にやってはいけない事とは

 

なるべく体をあたためすぎないこと

ケノンを使うことにより肌は強い光を与えられ、悪く言ってしまえば痛んでいる状態になります。
そんな中で、さらに肌を温めてしまうと肌が荒れてしまったり、赤くなってしまう場合があるのです。

サウナに入る

体に熱が溜まってしまい、脱毛した部分に赤みが出てしまう可能性があります。どうしても入りたい場合でも1日は開けてから入りましょう。

お酒を飲む

お酒が入ることにより、体が火照って熱が溜まってしまいます。
飲酒をする場合でも半日は開けてからお酒を飲むようにしましょう。

制汗スプレーを使う

制汗スプレーに含まれる粒子が脱毛の妨げになってしまう場合があり、肌に刺激を与えてしまうため脱毛後、化学薬品の含まれる制汗スプレーを使用するのはやめましょう。

直射日光を避ける

脱毛後の肌に直射日光はかゆみや赤みの原因になってしまいます。
脱毛した場所に紫外線が当たらないように、長袖などの服を着て、直射日光から肌を守りましょう

激しい運動さける

運動することにより、体に熱が溜まってしまいます。
これも炎症を起こさないためには控えたほうが良いでしょう。
体を冷やせるとはいえ、海やプールも脱毛後の肌に良くありません。
海は紫外線が肌を痛めますし、室内のプールでも大勢の人が使う場所なので細菌が繁殖しやすい場所ともいえます。
脱毛後1週間は海水浴やプールでの運動を控えましょう。

 

脱毛後、ムダ毛の自己処理は絶対にしないようにしましょう。

ケノンを使って脱毛をしたところは自然に抜け落ちるまでそのままにしましょう。
無理やり抜いてしまったりすると毛穴が傷ついてしまって出血の原因にもなってしまいます。
しっかりケノンによって脱毛がされた毛は2週間程度で自然に抜けてくるのでムダ毛が気になっても我慢することが大切です。

脱毛後の肌は敏感!脱毛後は肌を守ることが大切。

 

脱毛した箇所は必ず冷やすこと

ケノンの説明にもありますが、光を当てた場所には一瞬とはいえ、かなりの熱を肌に照射します。
必ず付属している保冷剤を冷やしておき、脱毛したらその場所にあてて冷やしましょう。

お風呂に入るときはシャワーでぬるま湯で浴びる

ケノンを使った後にお風呂に入るときはぬるま湯のシャワーで軽めに済ませましょう。
熱いシャワーだと肌を痛めてしまう場合がありますので注意しましょう。

VIOを脱毛した場合は下着にも気を配ろう。

ただでさえ敏感なVIOゾーンは脱毛することにより、さらに敏感になります。もともと蒸れやすく、細菌も発生しまいがちな場所のため締め付けの強い下着は身につけないようにしましょう。

脱毛後は体に熱を溜めないように、肌への刺激を抑えながら生活をしよう。

 

ケノンを使った後は肌が想像以上に敏感になっていますので、肌に刺激を与えないようにすることが大切です。
数日だっても赤みが消えない症状が出てしまった場合は保湿クリーム化粧水を使いましょう。

脱毛中は保湿を徹底して乾燥を防ぎながら直射日光にも気をつけることが大切です。

このようにケノンを使って脱毛した後もしっかり自分の肌をケアすることで肌のトラブルを未然に減らすことができます。

脱毛をするときは脱毛後のこともしっかり頭に入れて、ケノンを使うようにしましょう。

-ケノン
-,

Copyright© コスメのコ , 2020 All Rights Reserved.